ブラック職場

笹山尚人 著

二〇一五年、電通に勤めていた高橋まつりさん(当時二四歳)が過労によって亡くなったことは記憶に新しい。同社では、一九九一年にも若手社員が過労死している。過ちは、なぜ繰り返されるのか。日本社会は、二一世紀に入って労働者をより冷遇するような状況に進んでいるように見える。非正規雇用の労働者が増え、労働条件の劣悪さに苦しむ事例、裁判に訴えても声が届かない例は数知れない。パワハラを始めとする様々なハラスメントも横行している。なぜ、ブラックな職場はなくならないのか?労働弁護士が、豊富な事例からブラックな職場の問題に横たわる背景を検討しつつ、ホワイトな社会の実現に向けた具体的な解決策を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ブラック職場」の正体
  • 第2章 「長時間労働」と「やりがい搾取」
  • 第3章 非正規と低賃金
  • 第4章 解雇と復職の困難
  • 第5章 人事権を再考せよ
  • 第6章 労働法の存在理由と問題点
  • 第7章 5つの解決策
  • 第8章 ホワイトな社会に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブラック職場
著作者等 笹山 尚人
書名ヨミ ブラック ショクバ : アヤマチ ワ ナゼ クリカエサレル ノカ
書名別名 過ちはなぜ繰り返されるのか?
シリーズ名 光文社新書 913
出版元 光文社
刊行年月 2017.11
ページ数 241p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-04319-3
NCID BB24891278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22978405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想