書簡詩

ホラーティウス [著] ; 高橋宏幸 訳

古代ローマの詩人クイントゥス・ホラーティウス・フラックス(前六五‐前八年)は、ウェルギリウスと並んでラテン文学の黄金期をもたらした。その代表作である本書はペトラルカやヴォルテールに至る韻文の書簡創作という伝統を創出し、『詩論』と称される第二巻第三歌は独立した著作としても読み継がれた。名手による清新な日本語で甦る不朽の古典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1巻(マエケーナース宛
  • ロッリウス宛
  • フロールス宛
  • アルビウス宛
  • トルクワートゥス宛 ほか)
  • 第2巻(アウグストゥス宛
  • フロールス宛
  • ピーソー家の人々宛(『詩論』))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書簡詩
著作者等 Horace
Horatius Flaccus, Quintus
高橋 宏幸
Quintus Horatius Flaccus
ホラーティウス
書名ヨミ ショカンシ
書名別名 Epistles.Book2

Epistles.Book1

Shokanshi
シリーズ名 講談社学術文庫 2458
出版元 講談社
刊行年月 2017.11
ページ数 241p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292458-0
NCID BB24869701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22977749
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想