母親の孤独から回復する

村上靖彦 著

私は子どもをきちんと育てられているのだろうか…なぜ自分の子どもなのに苛立ってしまうのだろう…誰にも相談できず、つい子どもを叩きたくなってしまう…-子どもへの虐待の児童相談所への相談件数は現在、一〇万件を超えています。なぜ子どもを叩いてしまうのでしょう?母親の奥底には、恐怖や不安、孤立感があります。本書は、そんな孤独の中で悩む母親のために書かれました。自分を取り戻す道は「独り」から始まります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 独りから始まる-虐待とその背景
  • 第1章 虐待渦中にある親の背景と回復への道のり
  • 第2章 環境づくりと体のまとまり-回復のための空間
  • 第3章 自分とのつながりと子どもとのつながりを作るワーク
  • 第4章 声の響き合い-自分を語ること
  • 第5章 プログラムを終えて-つながりの記憶
  • 結論 独りから始まるつながりと回復

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母親の孤独から回復する
著作者等 村上 靖彦
書名ヨミ ハハオヤ ノ コドク カラ カイフク スル : ギャクタイ ノ グループ ワーク ジッセン ニ マナブ
書名別名 虐待のグループワーク実践に学ぶ
シリーズ名 講談社選書メチエ 662
出版元 講談社
刊行年月 2017.11
ページ数 141p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258665-8
NCID BB24862586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22978872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想