BEPSとグローバル経済活動

中里実, 太田洋, 伊藤剛志 編著

2015年に最終報告書が公表されたBEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクト。我が国の租税制度・実務への影響と、今後の課題について、理論と実務の両面から研究を行ってきた成果をまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 一般的租税回避否認規定とナチスドイツ
  • 2 企業結合型インバージョンと米国新インバージョン規制
  • 3 富裕層の海外移住と国外転出時課税制度の創設
  • 4 行動2:ハイブリッド・ミスマッチ・アレンジメントの無効化
  • 5 行動3(有効なCFC税制の構築)最終報告書
  • 6 行動5:有害な税制への対抗
  • 7 行動6:不適切な状況での租税条約の特典の付与の防止
  • 8 行動7:人為的なPE回避の防止
  • 9 行動8‐10:移転価格の帰結と価値創造との整合
  • 10 行動13:移転価格文書化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 BEPSとグローバル経済活動
著作者等 中里 実
伊藤 剛志
太田 洋
書名ヨミ ベップス ト グローバル ケイザイ カツドウ
書名別名 BEPS and Global Business Activities
シリーズ名 西村高等法務研究所理論と実務の架橋シリーズ
出版元 有斐閣
刊行年月 2017.11
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-22727-9
NCID BB24856018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22989746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想