まなざしのデザイン

ハナムラチカヒロ 著

『まなざしのデザイン』というタイトルの本書で考えてみたいことは、モノの見方を変える方法である。当たり前の世界を改めて見直し、今見ている風景を違った角度から眺める。見方が自由になれば、私たちはより創造的になることができる。そして何かに捉われることが少なくなれば、物事がより正しく見えてくる。またモノの見方を変えることは、状況が困難であればあるほど必要なことである。私たちは日々の生活の中ですぐに何かに捉われてしまう。モノの見方が固定されてしまうと自由さを失い、物事が正しく見えないことがある。だから私たちは時々視点を変えて異なる方法で世界を見ることが必要である。そうするとこれまで見えなかった風景や、忘れていた大切なことが見えてくるかもしれない。そんなモノの見方を解放するための方法と可能性を探ることが本書の目的である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 見方を変える
  • 眼をあざむく
  • 幻覚を見やぶる
  • 風景を解剖する
  • 関係を異化する
  • 日常を冒険する
  • 場を組み替える
  • 芸術を役立てる
  • 自分を発見する
  • 無意識を見つめる〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 まなざしのデザイン
著作者等 ハナムラ チカヒロ
書名ヨミ マナザシ ノ デザイン : セカイ ノ ミカタ オ カエル ホウホウ
書名別名 〈世界の見方〉を変える方法

Manazashi no dezain
出版元 NTT
刊行年月 2017.11
ページ数 321p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7571-7049-0
NCID BB24840696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22976760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想