学校では教えてくれない差別と排除の話

安田浩一 著

「なぜ中学や高校で差別や排除を教えないのだろう?」そんな筆者の素朴な疑問から始まり、「それなら差別と排除の教科書を作ってみよう!」と、この本は生まれました。すべての子どもたちと親、そして教師の必読書!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「いじめられっ子」と「いじめっ子」のはざまで
  • 2 なぜ僕は差別や排除に興味を持つようになったのか
  • 3 排除される外国人労働者
  • 4 ある実習生が見た日本の現実
  • 5 差別する人々との出会い
  • 6 噴きあがるネトウヨ
  • 7 なぜ彼らは差別するのか
  • 8 ヘイトスピーチとはなにか
  • 9 なぜ沖縄は差別されるのか
  • 10 差別や排除とどう向きあえばよいのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校では教えてくれない差別と排除の話
著作者等 安田 浩一
書名ヨミ ガッコウ デワ オシエテ クレナイ サベツ ト ハイジョ ノ ハナシ
出版元 皓星社
刊行年月 2017.10
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7744-0641-1
NCID BB24832166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22956256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想