これからの日本、これからの教育

前川喜平, 寺脇研 著

一人ひとりの生きる力をサポートするのが教育の使命。その思いのもと、どんな人でも、いつでもどこでも学べるよう改革を進めてきた二人の文部官僚。復古的なナショナリズムと、弱肉強食を放置する市場主義が勢いを増すなかで、加計学園の問題は起きた。この問題を再検証し、生涯学習やゆとり教育、高校無償化、夜間中学など一連の改革をめぐって、とことん語り合う。これからの日本、これからの教育を展望する希望の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「命がけ」の文部官僚
  • 第2章 改革派の誕生
  • 第3章 このクビと引き換えにしてでも…
  • 第4章 国民のみなさんに、問いたいこと-加計問題と教育行政のゆくえ
  • 第5章 人間の、人間による、人間のための教育
  • 最終章 読者のみなさんへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これからの日本、これからの教育
著作者等 前川 喜平
寺脇 研
書名ヨミ コレカラ ノ ニホン コレカラ ノ キョウイク
書名別名 Korekara no nihon korekara no kyoiku
シリーズ名 ちくま新書 1288
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.11
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-07106-4
NCID BB24825524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23002852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想