エロマンガ表現史

稀見 理都【著】

「乳首残像」「触手」「断面図」「アヘ顔」etc…エロマンガ特有のあの表現はいつ誕生し、どうやって「共通言語」になったのか?資料と証言から明かされる、秘められた歴史。現在入手困難な伝説の同人誌「乳首残像」(『エロマンガノゲンバ』増刊)記事も再録!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「おっぱい表現」の変遷史
  • 第2章 「乳首残像」の誕生と拡散
  • 第3章 「触手」の発明
  • 第4章 「断面図」の進化史
  • 第5章 「アヘ顔」の系譜
  • 第6章 「くぱぁ」「らめぇ」の音響史
  • 第7章 規制修正の苦闘史
  • 第8章 海外への伝播
  • 第9章 その他の表現
  • 補遺
  • 巻末付録 エロマンガ女子会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エロマンガ表現史
著作者等 稀見 理都
書名ヨミ エロマンガヒョウゲンシ
出版元 太田出版
刊行年月 2017.11.9
ページ数 391p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-7783-1592-4
NCID BB24825444
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想