批判的スポーツ社会学の論理

影山健 著 ; 自由すぽーつ研究所 編

体育嫌いにはワケがあった!研究と実践の体育人が明快に解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 オリンピックそのものを問う(東京オリンピック招致をめぐる問題点について
  • 日本の社会とオリンピック
  • 「オリンピック」に反対する名古屋市民の論理と行動 ほか)
  • 2 批判的スポーツ社会学の論理(スポーツに未来はあるか
  • チャンピオンシップスポーツと学校体育
  • 協働的ゲームについて-ある実験結果の紹介)
  • 3 体育を根底から問う(いまこそ、批判的体育学を!)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 批判的スポーツ社会学の論理
著作者等 土井 俊介
山本 芳幹
岡崎 勝
影山 健
自由すぽーつ研究所
書名ヨミ ヒハンテキ スポーツ シャカイガク ノ ロンリ : ソノ シンワ ト ハンザイセイ オ ツク
書名別名 その神話と犯罪性をつく
出版元 ゆいぽおと
刊行年月 2017.10
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87758-467-2
NCID BB24818256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22974920
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想