〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く  5

小峯和明 監修

書物をめぐるネットワーク、人と書物とをめぐる文化総体の追究が資料学の全容である。日本文学とその研究がこれまでに担ってきた領域、これから創造していく可能性をもつ領域とは何か。人文学としての文学が人間社会に果たしうる役割に関して、より豊かな議論を成り立たせるには、これからどうしていけばよいのか。日本文学の窓の向こうに広がるものの総体を捉えようとするシリーズ第5巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論-"資料"から文学世界を拓く
  • 第1部 資料学を"拓く"("説話本"小考-『印度紀行釈尊墓況 説話筆記』から
  • 鹿児島県歴史資料センター黎明館寄託・個人蔵『"武家物語絵巻"』について-お伽草子『土蜘蛛』の一伝本
  • 国文学研究資料館蔵『大橋の中将』翻刻・略解題 ほか)
  • 第2部 資料生成の"場"と"伝播"をめぐって(名古屋大学蔵本『百因縁集』の成立圏
  • 『諸社口決』と伊勢潅頂・中世日本紀説
  • 圓通寺藏『血脈鈔』紹介と翻刻 ほか)
  • 第3部 資料を受け継ぐ"担い手"たち(『中山世鑑』の伝本について-内閣文庫本を中心に
  • 横山重と南方熊楠-お伽草子資料をめぐって
  • 翻印南部家旧蔵群書類従本『散木奇歌集』頭書 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く
著作者等 Nguyen, Thi Oanh
中根 千絵
伊藤 慎吾
和田 琢磨
大貫 真実
小峯 和明
小此木 敏明
山田 洋嗣
柴 佳世乃
渡辺 匡一
渡辺 麻里子
目黒 将史
粂 汐里
蔡 穗玲
鈴木 彰
高橋 悠介
Mühlenbernd, Jan
書名ヨミ シリーズ ニホン ブンガク ノ テンボウ オ ヒラク
書名別名 資料学の現在

Shirizu nihon bungaku no tenbo o hiraku
巻冊次 5
出版元 笠間書院
刊行年月 2017.11
ページ数 378p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-305-70885-4
NCID BB24815043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22981426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想