〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く  3

小峯和明 監修

既存の学域、系統、時代設定に拘泥せず、宗教特有のダイナミズムを読み解く、その視座と方法をどう獲得するか。日本文学とその研究がこれまでに担ってきた領域、これから創造していく可能性をもつ領域とは何か。人文学としての文学が人間社会に果たしうる役割に関して、より豊かな議論を成り立たせるには、これからどうしていけばよいのか。日本文学の窓の向こうに広がるものの総体を捉えようとするシリーズ第3巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論-宗教文芸の沃野を拓くために
  • 第1部 宗教文芸の射程("仏教文芸"論-『方丈記』の古典と現代
  • 天竺神話のいくさをめぐって-帝釈天と阿修羅の戦いを中心に ほか)
  • 第2部 信仰空間の表現史(蘇民将来伝承の成立-『備後国風土記』逸文考
  • 『八幡愚童訓』甲本にみる異国合戦像-その枠組み・論理・主張 ほか)
  • 第3部 多元的実践の叡知(平安朝の謡言・訛言・妖言・伝言と怪異説話の生成について
  • 虎関師錬の十宗観-彼の作品を中心に ほか)
  • 第4部 聖地霊場の磁場(伊勢にいざなう西行
  • 詩歌、石仏、縁起が語る湯殿山信仰-室町末期から江戸初期まで ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く
著作者等 Castiglioni, Andrea
Hayek, Matthias
伊藤 聡
南方 熊楠
原 克昭
司 志武
大西 和彦
奥山 直司
小峯 和明
平沢 卓也
平田 英夫
文 明載
有賀 夏紀
李 銘敬
水口 幹記
石井 公成
神田 英昭
胡 照汀
趙 恩馤
鈴木 彰
門屋 温
陆 晚霞
高 陽
書名ヨミ シリーズ ニホン ブンガク ノ テンボウ オ ヒラク
書名別名 宗教文芸の言説と環境

Shirizu nihon bungaku no tenbo o hiraku
巻冊次 3
出版元 笠間書院
刊行年月 2017.11
ページ数 386p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-305-70883-0
NCID BB24814980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22981423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想