性暴力と修復的司法

小松原織香 著

[目次]

  • 第1章 RJとは何か(RJとは何か
  • 被害者の視点から見たRJ)
  • 第2章 「対話する主体」とRJ(「人称の視点」と「対話する主体」
  • 刑事司法とRJにおける人称の問題
  • 「コミュニティに内包される自己」と「対話する主体」
  • 「対話」によって実現される正義
  • 「対話する主体」とジェンダー)
  • 第3章 「対話する主体」と性暴力(性暴力被害者のトラウマと「沈黙」
  • 性暴力被害者の「回復」と「語る主体」
  • 性暴力被害者の「告発」と「語る主体」
  • 「対話する主体」の是非をめぐって
  • 性暴力被害者の主体の三項関係)
  • 第4章 「対話する主体」と性暴力事例におけるRJ(性暴力事例におけるRJ実践の展開
  • 「回復する主体」「告発する主体」から「対話する主体」へ
  • 性暴力被害者はなぜ「対話」を望むのか)
  • 第5章 「対話」の後に何が起きるのか(「修復的対話」と「解体的対話」
  • 「赦し」とコミュニティの役割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性暴力と修復的司法
著作者等 小松原 織香
書名ヨミ セイボウリョク ト シュウフクテキ シホウ : タイワ ノ サキ ニ アル モノ
書名別名 対話の先にあるもの
シリーズ名 RJ叢書 10
出版元 成文堂
刊行年月 2017.10
ページ数 191p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-5222-6
NCID BB24789249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22977161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想