雑草は軽やかに進化する

藤島弘純 著

雑草たちはそれぞれ個性的な種分化(進化)の歴史を抱え、大地を支えて生きている。人がつくり出す空間で生きることを選択した雑草たちの生存戦略は?花・葉・種子などの形態的変化や染色体数の変異をたんねんに読み解き、地理的・生態的分布から、雑草たちの進化の謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 雑草とはどんな草たち?
  • 第1章 日本の自然が育てた雑草ツユクサ-花の形から進化を読み解く
  • 第2章 オオバコは踏まれて生きる-農道に並んで生える
  • 第3章 スイバには雄株と雌株がある-日本の学術研究に貢献した雑草
  • 第4章 ニガナは草原の植物-氷河期を生きた
  • 第5章 日本のキツネノボタンの祖先植物がジャワ島に生きる-氷河期に大陸から日本列島へやって来た雑草
  • 第6章 雑草から野草に帰り咲いた植物-屋久島の矮性植物ヒメウマノアシガタ
  • 第7章 踏みあと群落の代表種、スズメノカタビラ
  • 第8章 雑草を考える-田んぼの自然が変わった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雑草は軽やかに進化する
著作者等 藤島 弘純
書名ヨミ ザッソウ ワ カロヤカ ニ シンカ スル : センショクタイ ケイタイ ヘンカ カラ ヨミトク ザッソウ ノ タヨウセイ
書名別名 染色体・形態変化から読み解く雑草の多様性
出版元 築地書館
刊行年月 2017.10
ページ数 273p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8067-1546-7
NCID BB24763540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22965803
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想