医学の歴史

多田羅浩三 著

なぜ、ナイチンゲールはすごいのか。医師、病理学者、看護師たち…さまざまな人びとの手によって育てられてきた医学の歴史を公衆衛生研究の第一人者が医学への感謝の気持ちを込めて多くの引用と挿話で綴る。誰が医学を作ったか。医療従事者、看護学生必携!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 医学を生んだ天才
  • 医学を育てた天才
  • 社会が進めた医学-公衆衛生
  • 大学の教育-神学・法学・医学
  • イギリスに育った医学の体制
  • 地域ケアの拠点
  • 医師職・看護職の進展
  • 西洋医学に学ぶ-緒方洪庵の教え
  • わが国で育った体制
  • 医学が直面した危機
  • 全ての人の健康を-Health for All
  • 集団医学への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医学の歴史
著作者等 多田羅 浩三
書名ヨミ イガク ノ レキシ : アユミ オ ニナッタ ヒトタチ ソシテ タイセイ
書名別名 歩みを担った人たち、そして体制
シリーズ名 放送大学叢書 039
出版元 左右社
刊行年月 2017.11
ページ数 333p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86528-184-2
NCID BB24757286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22970674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想