高速艦船物語

大内建二 著

船を高速化する利点とは何であるのか。そのためには、何を行なえばよいのか。文明社会の急速な発達と共に求められた人員、物資の迅速な輸送、それに伴う、苦難の道とは-艦艇商船を造る材料の開発や建造技術、それを裏づけるための理論まで、船の速さの歴史に秘められた工夫、努力の航跡を辿った異色艦船史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高速艦船出現まで(中世までの航洋艦船
  • 近世の航洋艦船)
  • 第2章 蒸気機関の発達と艦船の進化(舶用レシプロ蒸気機関(往復動蒸気機関)の誕生
  • タービン機関の登場
  • ディーゼル機関の出現)
  • 第3章 船型の研究と艦船の高速化
  • 第4章 高速艦艇(戦艦と巡洋戦艦
  • 巡洋艦
  • 駆逐艦
  • 潜水艦)
  • 第5章 高速商船(北大西洋の客船
  • 日本の商船
  • 忘れられた現代の商船)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高速艦船物語
著作者等 大内 建二
書名ヨミ コウソク カンセン モノガタリ : フネ ノ ソクリョク デ レキシ ワ カワル ノカ
書名別名 船の速力で歴史はかわるのか
シリーズ名 光人社NF文庫 お1021
出版元 潮書房光人社
刊行年月 2017.8
ページ数 247p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7698-3021-4
NCID BB24745731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22933726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想