エリアス回想録

ノルベルト・エリアス [著] ; 大平章 訳

エリアスがその半生を率直な言葉で語ったロング・インタビューと、社会学に対する自身の姿勢をさまざまな角度から綴った自伝的エッセイを収める回想録。大戦期にはユダヤ系ドイツ人として亡命を重ね、学問の路を幾度となく妨げられながらも、生涯にわたり文明化と暴力の関係を問い続けた社会学の革新者エリアスの人間像が明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ノルベルト・エリアスとの伝記的インタビュー
  • 第2部 人生の記録(学問が私に教えてくれたこと
  • アルフレート・ウェーバーとカール・マンハイム
  • 定着者‐部外者関係の一部としてのユダヤ人についての感想
  • 遅すぎるのか、あるいは早すぎるのか-過程社会学もしくは形態社会学の状況)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エリアス回想録
著作者等 Elias, Norbert
大平 章
エリアス ノルベルト
書名ヨミ エリアス カイソウロク
書名別名 Reflections on a life
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1069
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2017.10
ページ数 299,8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01069-9
NCID BB24742325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22970906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想