足利義昭と織田信長

久野雅司 著

徐々にすれちがう二人の思惑。義昭はほんとうに信長の操り人形だったのか。「天下」を巡る二人の関係をていねいに分析し、最新の研究成果から義昭政権の権力構造に迫る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 足利将軍と畿内の政情
  • 第2章 覚慶の諸国流浪と「当家再興」
  • 第3章 足利義昭の上洛と室町幕府の再興
  • 第4章 幕府の再興と義昭の政権構想
  • 第5章 義昭政権の軍事力
  • 第6章 織田信長と幕府軍の軍事指揮権
  • 第7章 「元亀の争乱」における義昭と信長
  • 第8章 足利義昭の蜂起と幕府の滅亡
  • 第9章 幕府滅亡後の信長による「幕府再興」と政権構想
  • 終章 義昭の「天下」と信長の「天下」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 足利義昭と織田信長
著作者等 久野 雅司
書名ヨミ アシカガ ヨシアキ ト オダ ノブナガ : カイライ セイケン ノ キョゾウ
書名別名 傀儡政権の虚像
シリーズ名 中世武士選書 40
出版元 戎光祥
刊行年月 2017.11
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86403-259-9
NCID BB24729699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22964536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想