近世近代移行期の歴史意識・思想・由緒

近代茨城地域史研究会 編

[目次]

  • 第1編 歴史意識・思想・情報(徳川斉昭の名誉回復をめぐる動向
  • 明治二〇年代初頭 地方青年の政治活動-民権運動家・森隆介と雑誌『常総之青年』を中心にして
  • 明治知識人の思想と行動-野口勝一と旧水戸藩の勤王功績調査
  • 岡倉覚三の明治維新観-世紀転換期における「日本」の語り
  • 会沢正志斎と「水戸学」の系譜-幕末から戦後まで)
  • 史料紹介 茨城大学図書館所蔵古文書にみる幕末維新期の水戸藩
  • 第2編 由緒意識とその行動(近世後期在郷商人の由緒的結合と活動-水戸藩領の土地証文解析と郷士格取得の経緯を通して
  • 秋田藩佐竹家中長瀬氏系図の成立と旧領常陸-幕末・明治期の由緒探求と同苗間交流)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世近代移行期の歴史意識・思想・由緒
著作者等 佐々木 寛司
天野 真志
桐原 健真
清水 恵美子
近代茨城地域史研究会
木戸 之都子
林 真美
皆川 昌三
飯塚 彬
門馬 健
書名ヨミ キンセイ キンダイ イコウキ ノ レキシ イシキ ・ シソウ ・ ユイショ
出版元 岩田書院
刊行年月 2017.10
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86602-003-7
NCID BB24719185
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23004295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想