江戸庶民の読書と学び

長友千代治 著

出版文化が花開いた江戸時代、さまざまな知識が書物によって伝播していく中で、人びとのなかに「学び」への熱が高まっていった。彼ら・彼女らはどのような知識を求め、どのような体系のなかで知を自家薬籠中のものとしていったのか。そして、それを担う書物はどのように読者の手に伝えられたのか。当時のベストセラーである啓蒙書や教養書、そして、版元・貸本屋の記録など、人びとの読書と学びの痕跡を残す諸資料の博捜により、日本近世における教養形成・書物流通の実情を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近世初頭の書物と読書瞥見
  • 第2章 近世における出版と読書
  • 第3章 近世庶民の学問とは何か
  • 第4章 江戸初心者の勉学
  • 第5章 日常生活の中の文事
  • 第6章 江戸美人の読書
  • 第7章 再説・浄瑠璃本の需要と供給
  • 第8章 食事作法
  • 第9章 貸本屋略史
  • 第10章 名古屋の貸本屋大惣

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸庶民の読書と学び
著作者等 長友 千代治
書名ヨミ エド ショミン ノ ドクショ ト マナビ
出版元 勉誠
刊行年月 2017.10
ページ数 322,10p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-22193-7
NCID BB24713804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22980432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想