投資紛争解決制度の再考察 国際カルテルと東アジア競争法の域外適用 : 日本国際経済法年報  第26号

日本国際経済法学会編

[目次]

  • 共通論題(投資紛争解決制度の再考察-WTO紛争解決・国際商事仲裁との比較が与える示唆
  • 国際カルテルと東アジア競争法の域外適用)
  • 自由論題(サービス貿易規律における最恵国待遇原則
  • DPA(Deferred Prosecugtion Agreement)(訴追延期合意)、いわゆる交渉による企業犯罪の解決について-英米の制度比較 ほか)
  • 文献紹介(J¨urgen Kurtz,The WTO and International Investment Law:Converging Systems
  • Shawkat Alam,Sumudu Atapattu,Carmen G.Gonzalez and Jona Razzaque(eds.),International Environmental Law and the Global South ほか)
  • 2016年貿易・投資紛争事例の概況(WTO紛争事例
  • 投資仲裁決定)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 投資紛争解決制度の再考察 国際カルテルと東アジア競争法の域外適用 : 日本国際経済法年報
著作者等 日本国際経済法学会
書名ヨミ トウシフンソウカイケツセイドノサイコウサツコクサイカルテルトヒガシアジアキョウソウホウノイキガイテキヨウ : ニホンコクサイケイザイホウネンポウ : 26
巻冊次 第26号
出版元 日本国際経済法学会;法律文化社
刊行年月 2017.10.20
ページ数 297p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-589-03878-4
ISSN 13421301
NCID BB2470487X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想