よみがえる古代の港

石村智 著

古代の船は喫水が浅かったので、港はラグーン(内海)に作られた。GIS(地理情報システム)を駆使して全国を探索し、土砂が堆積して陸化する前の景観を復元する。また港を繋ぐネットワークから、海の往来の実態を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代の港を復元する-プロローグ
  • 丹後再訪-丹後半島および若狭周辺における古代の港をさぐる
  • 「浅い港」と「深い港」-御津と室津
  • 古代の海上ルートを探る
  • 伊豆と海人集団
  • 都城と港-平安京遷都と海上/水上ルートの変遷
  • 北方と南方の古代の港
  • 水辺と共にある日本の景観-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よみがえる古代の港
著作者等 石村 智
書名ヨミ ヨミガエル コダイ ノ ミナト : コチケイ オ フクゲン スル
書名別名 古地形を復元する

Yomigaeru kodai no minato
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 455
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2017.11
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05855-1
NCID BB24700562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22965802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想