「日米指揮権密約」の研究

末浪靖司 著

急速に進む日米の軍事的一体化。日本全土が軍事演習場となり、自衛隊が海外で米軍の指揮のもと戦う時代が、まもなくやってくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 富士山で訓練する米軍と自衛隊
  • 第1章 指揮権密約の起源 1949〜1950年
  • 第2章 指揮権密約の成立 1951〜1952年
  • 第3章 安保改定でどう変わったか 1953〜1960年
  • 第4章 密約の実行をめぐる攻防 1961〜1996年
  • 第5章 米軍は自衛隊を地球的規模で指揮する 1997年〜現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「日米指揮権密約」の研究
著作者等 末浪 靖司
書名ヨミ ニチベイ シキケン ミツヤク ノ ケンキュウ : ジエイタイ ワ ナゼ カイガイ エ ハヘイ サレル ノカ
書名別名 自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか
シリーズ名 「戦後再発見」双書 6
出版元 創元社
刊行年月 2017.10
ページ数 332p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-422-30056-6
NCID BB24698584
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22961240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想