日本の無戸籍者

井戸まさえ 著

少なくとも一万人は存在するとされる日本の無戸籍者。嫡出規定や女性の再婚禁止期間など明治からの民法の壁に加え、貧困などで出生届が出されないことがその原因だ。しかし、戦争や災害による戸籍の大量滅失はいつ誰にでも起こりうる。国民を規定し、また排除する戸籍制度がいかにもろく曖昧か、歴史と多くの事例から考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「無戸籍問題」とは何か
  • 第2章 「法律」という壁
  • 第3章 「戸籍」とは何か
  • 第4章 消えた戸籍を追って
  • 第5章 グローバリゼーションと戸籍
  • 第6章 「戸籍」がなくなる日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の無戸籍者
著作者等 井戸 まさえ
書名ヨミ ニホン ノ ムコセキシャ
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1680
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.10
ページ数 256p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431680-0
NCID BB24697796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22975001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想