ストレスの脳科学

田中正敏 著

心と体のすべてをコントロールしている脳は、ストレスを受けた時、どのように変化しているのだろうか。その瞬間をとらえることができれば、これほど根源的なストレス対策の指標となるものはないだろう。本書では、私たちを取り巻くさまざまなストレス状況を設定し、最新の神経化学的方法でストレス時の脳の変化を測定した貴重な実験を紹介する。そこで積み重ねられた知見から、ストレスから心と体を守るには何をすればよいのか、予防のヒントが見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ストレスをどう測るか
  • ストレス研究の歴史
  • 脳の作りと働き
  • ストレス状況で脳や体はどう反応するか
  • 心理的ストレス
  • 活動性ストレスは過労死モデルか?
  • 仕事とストレス
  • 加齢とストレス
  • ストレス反応のドミノ倒し
  • 昼のストレスと夜のストレス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ストレスの脳科学
著作者等 田中 正敏
書名ヨミ ストレス ノ ノウカガク : ヨボウ ノ ヒント ガ ミエテ クル
書名別名 予防のヒントが見えてくる

Sutoresu no nokagaku
出版元 講談社
刊行年月 2017.9
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-220768-3
NCID BB24691086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22958173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想