異端の試み

武田晴人 著

[目次]

  • 近代編(幕末開港と資本主義への移行-芝原拓自『日本近代化の世界史的位置』と石井寛治『近代日本とイギリス資本』
  • 自由民権運動の歴史的な位置-大石嘉一郎『日本地方財行政史序説』 ほか)
  • 戦間期編(帝国主義の経済構造について
  • 財閥をめぐる研究-柴垣和夫『日本金融資本分析』 ほか)
  • 産業史の方法(産業史分析の方法
  • 国際的視点とコスト分析-山崎広明「日本綿業構造論」を手掛かりに ほか)
  • 番外編(『日本産銅業史』の先に見えてきたもの-私的研究史の方法的な回顧
  • 夢をそだてる-退職記念報告)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異端の試み
著作者等 武田 晴人
書名ヨミ イタン ノ ココロミ : ニホン ケイザイシ ケンキュウ オ ヨミトク
書名別名 日本経済史研究を読み解く
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2017.10
ページ数 564p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2475-1
NCID BB24690786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22971891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想