情動の社会学

伊藤守 著

私たちはなぜ、感情に支配されてしまうのか。多様なコミュニケーションツールがあまねく浸透したポストメディア社会。そこでは、時として真偽では測れない「情報」によって、社会全体はあらぬ方向へ駆動されていく。SNSなどのメディア・コミュニケーションの状況から、領土問題やオリンピックなどの政治問題まで、私たちの判断や思考を揺さぶる情動の問題系に、最新のメディア理論で挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 情動化する社会を読み解くために
  • 第1部(デジタルメディア時代における言論空間-理論的探求の対象としての制御、情動、時間
  • 「事態の潜勢態」をめぐって-ホワイトヘッドの「抱握」概念から
  • 知的感受と情動の強度-「感受」の公共的性格
  • 情動と社会秩序の宙づり-ホワイトヘッドとパースの社会学的射程
  • 情動の政治-フクシマ、領土、オリンピック)
  • 第2部(社会の地すべり的な転位-コミュニケーション地平の変容と政治的情動
  • ポストメディア時代のコミュニケーション・モード-SNSは何を変えつつあるのか?
  • オーディエンス概念からの離陸-群衆、マルチチュード、移動経験の理論に向けて)
  • ポストメディア時代の行方と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情動の社会学
著作者等 伊藤 守
書名ヨミ ジョウドウ ノ シャカイガク : ポスト メディア ジダイ ニ オケル ミクロ チカク ノ タンキュウ
書名別名 SOCIOLOGY of AFFECT

SOCIOLOGY of AFFECT : ポストメディア時代における"ミクロ知覚"の探求

Jodo no shakaigaku
出版元 青土社
刊行年月 2017.10
ページ数 267,3p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7917-7017-5
NCID BB2468695X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22961749
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想