DNAの98%は謎

小林武彦 著

ヒトゲノム(全遺伝情報)のうち、遺伝子部分はわずか2%。残りの98%は「非コードDNA」と呼ばれ、意味のない無駄なものと長らく考えられてきました。ところが、じつはそれこそが生命の不思議に迫る重要な役割を担っていることが分かってきたのです。サルとヒトの違いを生み出し、老化と寿命に関わり、進化の原動力ともなる「非コードDNA」の仕組み、そして驚きの発見の数々をエピソード豊富に紹介します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 非コードDNAの発見、そしてゴミ箱へ(地球上で最も重要な情報「遺伝子」の発見
  • 遺伝子の乗り物「染色体」とは何か ほか)
  • 第2章 ゴミからの復権(ゲノムを支える非コードDNA領域
  • DNAの状態を決めるクロマチン構造 ほか)
  • 第3章 非コードDNAと進化(サルとヒトの違いを作る非コードDNA
  • 進化を加速する働きと抑える働き ほか)
  • 第4章 非コードDNAの未来(小さな遺伝子の謎
  • 偽遺伝子が支える遺伝子発現制御 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DNAの98%は謎
著作者等 小林 武彦
書名ヨミ ディーエヌエー ノ キュウジュウハチパーセント ワ ナゾ : セイメイ ノ カギ オ ニギル ヒコード ディーエヌエー トワ ナニカ
書名別名 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か
シリーズ名 ブルーバックス B-2034
出版元 講談社
刊行年月 2017.10
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-502034-0
NCID BB24674892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22967232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想