看護形態機能学

菱沼典子 著

生活行動の枠組みから「からだ」を解説し、からだのつくりと営みを、日常生活行動との関係から再構築。第4版では、私たちのからだが、どのような環境下で誕生したのかを振り返り、その環境と現代の環境の違いから、からだの機能を捉え、第12章として加筆した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 何のための生活行動か
  • 第2章 恒常性維持のための物質の流通
  • 第3章 恒常性維持のための調節機構
  • 第4章 動く
  • 第5章 食べる
  • 第6章 息をする
  • 第7章 トイレに行く
  • 第8章 話す・聞く
  • 第9章 眠る
  • 第10章 お風呂に入る
  • 第11章 子どもを生む
  • 第12章 外部環境とからだ-人類誕生時の環境と今

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看護形態機能学
著作者等 菱沼 典子
書名ヨミ カンゴ ケイタイ キノウガク : セイカツ コウドウ カラ ミル カラダ
書名別名 生活行動からみるからだ

Kango keitai kinogaku
出版元 日本看護協会出版会
刊行年月 2017.10
版表示 第4版
ページ数 213p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8180-2061-0
NCID BB24671974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22967935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想