世界のタブー

阿門禮 著

タブーとは、禁止された事物や言動を意味する。それは、マナーやエチケットのような行為から、差別用語や特定の言葉、権力側が封印しておきたい歴史的・社会的問題まで、幅広い領域にわたる。アメリカ大統領が人種や宗教に関する排他的発言を繰り返したり、日本国内でも公然とヘイトスピーチが行われる現在の風潮のなかで、侮蔑的、差別的なニュアンスをともなう言動について知ることは、私たちの新たな教養とも言える。日常生活、しぐさ、性、食事など世界中のタブーについて学び、異文化への理解を深める一助となる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日常生活でのタブー(東西南北にみられる文化
  • 右と左の価値 ほか)
  • 第2章 性についてのタブー(モーセ律法の性のタブー
  • 『旧約聖書』の背徳の物語 ほか)
  • 第3章 食べ物のタブー(西アジアにおこった食物タブー
  • イスラームの教え ほか)
  • 第4章 現代社会のタブー(現代の新しいタブー
  • 現代米国のタブー ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界のタブー
著作者等 阿門 禮
書名ヨミ セカイ ノ タブー
書名別名 Sekai no tabu
シリーズ名 集英社新書 0902
出版元 集英社
刊行年月 2017.10
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-721002-6
NCID BB24667365
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22964878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想