料理は女の義務ですか

阿古真理 著

「昔から苦手」「とにかく時間がない」…それでも家族のために気分を奮い立たせて、毎日台所に立つ女性たち。一体、どうすれば料理への苦手意識を克服できるのか?その歴史をひもとき、「スープの底力」「楽しい保存食」「便利な常備菜」といった先人の豊かな知恵に今こそ学ぼう。女性の社会進出と現代の台所事情、「一汁一菜」より大切なこと、料理がつなぐ人間関係など、好きな人も苦手な人もあらためて考える料理論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-日々の料理はなぜ大変なのか?
  • 第1章 料理とは何か
  • 第2章 スープの底力
  • 第3章 保存食は楽しい
  • 第4章 常備菜の再生
  • 第5章 食卓を担うのは誰?
  • おわりに-義務感の先の料理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 料理は女の義務ですか
著作者等 阿古 真理
書名ヨミ リョウリ ワ オンナ ノ ギム デスカ
シリーズ名 新潮新書 736
出版元 新潮社
刊行年月 2017.10
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610736-8
NCID BB24659491
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22967088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想