配当政策のパズル

森直哉 著

なぜ、どのように投資家は配当を欲しがるのか、なぜ、どのように企業は配当を支払うのか、どのように資本市場を設計すべきか。異時点間消費選択やリスク分散の視点を加えて解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パズルの全体像
  • 第1部 なぜ、どのように投資家は配当を欲しがるのか(基礎的なモデルと配当パズル-いろいろな実験室でボールを投げてみる
  • 税の顧客効果-チャンネルとレベルの混同
  • 消費の顧客効果-異時点間消費選択に着目する)
  • 第2部 なぜ、どのように企業は配当を支払うのか(リスク分散と配当政策-妥協的産物のパッケージで我慢する
  • 配当と自社株買い-柔軟性がない道具が使われる謎
  • 配当と増資-冷房と暖房を同時にかけるような謎
  • 配当とモニタリング-コーポレートガバナンスの道具にする)
  • 第3部 どのように資本市場を設計すべきか(配当再投資プランの本質-利益留保との関係を説明してこなかった既存研究
  • 配当再投資プランと情報の非対称性-投資家の不合理性につけこむゲームはナンセンス
  • 株式配当の本質-疑問だらけの学説に異議を唱える
  • 配当オプション-305(e)プランが果たすべき本来の役割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 配当政策のパズル
著作者等 森 直哉
書名ヨミ ハイトウ セイサク ノ パズル : トウシカ ノ ショウヒ センコウ ト リガイ タイリツ
書名別名 Dividend Puzzle

Dividend Puzzle : 投資家の消費選好と利害対立

Haito seisaku no pazuru
出版元 中央経済社 : 中央経済グループパブリッシング
刊行年月 2017.10
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-24171-0
NCID BB24631211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22965684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想