臨床の口腔生理学に基づく摂食嚥下障害のキュアとケア

舘村卓 著

「病態や責任疾患に依存しない」「在宅や施設でも」「対象者とコミュニケーションが可能かどうかに関わらず」それらに共通して適用が可能な、臨床口腔生理学に基づいた手法をフローチャートで明解に提示!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ口から食べないといけないのか
  • 第2章 動物の嚥下、ヒトの嚥下-なぜ、ヒトは誤嚥し、動物は誤嚥しないのか
  • 第3章 咀嚼嚥下機能の獲得と障害の生理-乳児から成熟型への摂食嚥下機能の獲得
  • 第4章 成人型の摂食嚥下機能とその低下
  • 第5章 生理学に基づく対応
  • 第6章 摂食嚥下障害への対応の実際
  • 第7章 フローチャートに従った実際の取り組み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床の口腔生理学に基づく摂食嚥下障害のキュアとケア
著作者等 舘村 卓
館村 卓
書名ヨミ リンショウ ノ コウコウ セイリガク ニ モトズク セッショク エンカ ショウガイ ノ キュア ト ケア
出版元 医歯薬
刊行年月 2017.9
版表示 第2版
ページ数 241p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-263-21670-5
NCID BB24628308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22958751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想