シェイクスピアの面白さ

中野好夫 [著]

木下順二、丸谷才一らが師事した英文学者にして名翻訳家として知られる著者が、シェイクスピアの芝居としての魅力を縦横に書き尽くした名エッセイ。人間心理の裏の裏まで読み切り、青天井の劇場の特徴を生かした作劇、イギリス・ルネサンスを花開かせた稀代の女王エリザベス一世の生い立ちと世相から、シェイクスピアの謎に満ちた生涯が浮かび上がる。毎日出版文化賞受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピアの面白さ
著作者等 中野 好夫
書名ヨミ シェイクスピア ノ オモシロサ
シリーズ名 講談社文芸文庫 なC2
出版元 講談社
刊行年月 2017.10
ページ数 252p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290362-2
NCID BB24622414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22960657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想