姿勢から介入する摂食嚥下脳卒中患者のリハビリテーション

森若文雄 監修 ; 内田学 編集

摂食嚥下障害に対する理学療法・作業療法アプローチ。姿勢調節異常という観点から解説し、摂食行為における評価と介入について紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 脳卒中患者における誤嚥の現状
  • 脳卒中患者における低栄養の現状
  • 脳卒中患者に生じる摂食嚥下障害
  • 脳卒中患者の嚥下障害の評価
  • STの視点からみた嚥下練習
  • 姿勢と嚥下の関係
  • 脳卒中患者の姿勢調節障害
  • 脳卒中患者に対する姿勢調節と嚥下練習の意義
  • 姿勢を意識した嚥下練習の実際
  • 脳卒中患者に対するシーティング
  • 食事環境が引き起こす嚥下の問題点
  • 食事動作が引き起こす嚥下の問題点
  • 食事場面における作業療法の実際
  • 脳卒中患者における呼吸機能と嚥下の関係性
  • チームで介入する、脳卒中患者に対する摂食嚥下リハビリテーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 姿勢から介入する摂食嚥下脳卒中患者のリハビリテーション
著作者等 内田 学
森若 文雄
書名ヨミ シセイ カラ カイニュウ スル セッショク エンカ ノウソッチュウ カンジャ ノ リハビリテーション
書名別名 Posture correction for dysphagia: Rehabilitation of patients with stroke

Posture correction for dysphagia: Rehabilitation of patients with stroke.
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 2017.9
ページ数 212p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7583-1904-1
NCID BB24615984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22949647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想