子ども・若者支援と社会教育

日本社会教育学会【編】

[目次]

  • 序:子ども・若者支援における「社会教育的支援」の枠組み
  • 第1部 子ども・若者支援の歴史的検討(社会教育・青少年教育関係専門職をめぐる歴史的経緯と社会教育行政の課題
  • 20世紀後半からの"子ども"政策の二大潮流とその考察-「第三の領域」に視点を当てて
  • 青年期に求められる自立に関する歴史的検討 ほか)
  • 第2部 子ども・若者支援における専門性と専門職養成の視点(子ども支援実践における専門性の現代的構造-学童保育実践を事例に
  • 社会教育における子ども・青年の人格形成支援の方法と支援者養成-こどものまち実践における大人の育ち
  • 若者施設を基盤としたユースワークの展開とそこにおけるスタッフの専門性 ほか)
  • 第3部 子ども・若者支援における社会教育的支援の実践と課題(地域子ども活動団体の現状と支援観-社会教育的支援とは何か
  • 若者を居場所から仕事の世界へ導く社会教育的支援アプローチ
  • 高校生の「社会的・職業的自立」を支援する社会教育行政の役割-都立学校「自立支援チーム」派遣事業が目指すもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども・若者支援と社会教育
著作者等 上野 景三
佐藤 洋作
南出 吉祥
大串 隆吉
大村 惠
宮崎 隆志
小木 美代子
川原 健太郎
新保 敦子
日本社会教育学会
松田 弥花
梶野 光信
水野 篤夫
渡邊 洋子
生田 周二
矢口 徹也
矢口 悦子
飯島 絵理
井口 啓太郎
大山 宏
川野 麻衣子
立石 美佐子
日本社会教育学会年報編集委員会
書名ヨミ コドモワカモノシエントシャカイキョウイク
シリーズ名 日本の社会教育 第61集
出版元 東洋館出版社
刊行年月 2017.9.15
ページ数 253p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-491-03417-1
ISSN 05508355
NCID BB24603850
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
20世紀後半からの"子ども"政策の二大潮流とその考察 : 「第三の領域」に視点を当てて 小木 美代子
スウェーデンにおける子ども・若者を対象としたアウトリーチ事業 : 「フィールドワーカー」に着目して 松田 弥花
ドイツ社会教育専門職養成と子ども・若者支援職 : 大学と継続・向上教育 大串 隆吉
地域子ども活動団体の現状と支援観 : 社会教育的支援とは何か 川野麻衣子, 立石美佐子, 渡邊 洋子
基礎自治体による子ども・若者の就労支援に関する研究 : 東京・荒川区を事例として 川原 健太郎, 新保 敦子
子ども・若者支援における「社会教育的支援」の枠組み 生田 周二
子ども支援実践における専門性の現代的構造 : 学童保育実践を事例に 宮崎 隆志
社会教育における子ども・青年の人格形成支援の方法と支援者養成 : こどものまち実践における大人の育ち 大村 惠
社会教育・青少年教育関係専門職をめぐる歴史的経緯と社会教育行政の課題 上野 景三
若年無業女性への支援と社会教育 : 公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会の事例をもとに 飯島 絵理
若者を居場所から仕事の世界へ導く社会教育的支援アプローチ 佐藤 洋作
若者問題に対する公民館実践の課題と可能性 : 国立市公民館「コーヒーハウス」と「若者支援事業」の事例から 井口啓太郎
若者支援と主権者教育 : 社会教育の歴史的視点から 矢口 悦子, 矢口 徹也
若者支援実施団体の多様性とその下での社会教育の位置づけ 南出 吉祥
若者施設を基盤としたユースワークの展開とそこにおけるスタッフの専門性 水野 篤夫
英国におけるユースワーカーの資格・養成制度 : 2010年の再編と「専門職ユースワーカー」への期待 川野麻衣子
青年期に求められる自立に関する歴史的検討 大山宏
高校生の「社会的・職業的自立」を支援する社会教育行政の役割 : 都立学校「自立支援チーム」派遣事業が目指すもの 梶野 光信
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想