量子力学

牟田泰三, 山本一博 共著

単一の原理原則から出発して定式化。論理構成を重視し、現象を明解に説明。応用に配慮し、実験事実との関わりを明示。前期量子論や量子力学の定式化、基本概念、量子基礎論の概説や場の量子論の導入まで、"現代的"なアプローチで量子力学の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 前期量子論
  • 2 量子力学の考え方
  • 3 量子力学の定式化
  • 4 量子力学の基本概念
  • 5 束縛状態
  • 6 角運動量と回転群
  • 7 散乱状態
  • 8 近似法
  • 9 多体系の量子力学
  • 10 量子基礎論概説
  • 11 場の量子論への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子力学
著作者等 山本 一博
牟田 泰三
書名ヨミ リョウシ リキガク : ゲンダイテキ アプローチ
書名別名 現代的アプローチ

Ryoshi rikigaku
シリーズ名 裳華房フィジックスライブラリー / 原康夫, 近桂一郎, 丸山瑛一, 松下貢 編集委員会
出版元 裳華房
刊行年月 2017.9
ページ数 300p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7853-2253-3
NCID BB24597496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22962354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想