重い障がい児に導かれて

福田雅文 著 ; 全国重症心身障害児(者)を守る会 編集

[目次]

  • 第1部 悲しみと愛と救いと(福岡の街
  • 発病 ほか)
  • 第2部 この子たちは生きている(夜明け前の母親たち
  • 初の国家予算 ほか)
  • 第3部 この子らを世の光に(緊急一時保護制度
  • 重症児通園事業の法制化 ほか)
  • 第4部 なぜ、日本で重症児が守られるようになったのか(四人の先達者
  • 糸賀一雄の歩んだ道 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 重い障がい児に導かれて
著作者等 全国重症心身障害児 (者) を守る会
全国重症心身障害児を守る会
福田 雅文
書名ヨミ オモイ ショウガイジ ニ ミチビカレテ : ジュウショウジ ノ ハハ キタウラ マサコ ノ ソクセキ
書名別名 重症児の母、北浦雅子の足跡

Omoi shogaiji ni michibikarete
出版元 中央法規
刊行年月 2017.9
ページ数 154p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8058-5580-5
NCID BB24597419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22956343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想