教育勅語の何が問題か

教育史学会 編

1948年、教育勅語は公教育から排除された。それは教育勅語のうたう理念と、勅語がもたらした現実が、自由と民主を掲げる戦後社会に根本的に馴染まないからだ。道徳教育を荒廃・形骸化させ、「不敬」だらけの抑圧社会を生み、アジアに大きな歪みをもたらした教育勅語の歴史を描く、必携のハンドブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 教育勅語の構造と解釈
  • 第2章 不敬と殉職-学校で何が起こっていたのか
  • 第3章 教育勅語と植民地支配

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育勅語の何が問題か
著作者等 小股 憲明
教育史学会
樋浦 郷子
米田 俊彦
高橋 陽一
書名ヨミ キョウイク チョクゴ ノ ナニ ガ モンダイ カ
シリーズ名 岩波ブックレット No.974
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.10
ページ数 71p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270974-1
NCID BB24590103
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22976995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想