石井正敏著作集  3

石井正敏 著

虚心に史料と対峙し、地域・時代を越える数々の卓越した業績を残した碩学の軌跡。唐・新羅の滅亡以後の政治勢力交代を経た十〜十四世紀の東アジアの世界像を史料学的考察を軸に活写した十一篇の業績を集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日宋貿易と日麗交流(十世紀の国際変動と日宋貿易
  • 肥前国神崎荘と日宋貿易-『長秋記』長承二年八月十三日条をめぐって
  • 年未詳五月十四日付源頼朝袖判御教書案について-島津荘と日宋貿易
  • 高麗との交流
  • 日本・高麗関係に関する一考察-長徳三年(九九七)の高麗来襲説をめぐって
  • 『小右記』所載「内蔵石女等申文」にみえる高麗の兵船について)
  • 2 日元・日麗外交と文書(至元三年・同十二年の日本国王宛クビライ国書について-『経世大典』日本条の検討
  • 文永八年来日の高麗使について-三別抄の日本通交史料の紹介
  • 文永八年の三別抄牒状について
  • 『異国牒状記』の基礎的研究
  • 貞治六年の高麗使と高麗牒状について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石井正敏著作集
著作者等 岡本 真
川越 泰博
石井 正敏
近藤 剛
書名ヨミ イシイ マサトシ チョサクシュウ
書名別名 高麗・宋元と日本

Ishii masatoshi chosakushu
巻冊次 3
出版元 勉誠
刊行年月 2017.10
ページ数 415,21p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-22203-3
NCID BB24564125
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22963616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
高麗・宋元と日本 岡本真, 川越泰博, 近藤剛
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想