数学の二つの心

長岡亮介 著

"良い先生"に習えば、数学が得意になれるだろうか?数学が得意になるのは、なぜ"良いこと"なのか?そもそも、教育の研究とは教育方法の研究であろうか?-安きに流れないことの大切さを訴える。時代の洪水に飲み込まれそうな若者たちと、若者と対峙する大人たちへ贈るエール!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 数について
  • 式について
  • 関数の基本概念について
  • 集合と論理について
  • 確率について
  • 幾何について
  • 指数・対数について
  • 三角関数について
  • 数列について
  • 微積分について
  • 大学数学への第一歩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学の二つの心
著作者等 長岡 亮介
書名ヨミ スウガク ノ フタツ ノ ココロ
出版元 日本評論社
刊行年月 2017.9
ページ数 289p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-78594-6
NCID BB24559668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22957073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想