宇治拾遺物語

伊東玉美 編

法師は平茸となって生まれ変わり、翁は鬼の前で踊りを踊ってこぶをとられ、神通力を持った犬が飼い主を救う…。日本、インド、中国などを舞台に物語が繰り広げられる鎌倉時代の説話集。教訓めいた話もあるものの、「善」「悪」と単純に割り切ることのできないこの世の理不尽やモヤモヤを取り込みながら、ユーモラスに展開していく。総ふりがなつきの原文と現代語訳に、ていねいな解説を付した、宇治拾遺物語入門の決定版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「道命阿闍梨が和泉式部のもとで読経し、五条の道祖神が聴聞した話」
  • 「丹波の国篠村に平茸が生えた話」
  • 「鬼にこぶをとられた話」
  • 「伴大納言の話」
  • 「田舎の児が桜の散るのを見て泣いた話」
  • 「尼が地蔵にお目にかかった話」
  • 「金峰山での薄打の話」
  • 「鼻の長い僧の話」
  • 「袴垂が保昌に会った話」
  • 「唐の卒都婆に血が付いた話」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇治拾遺物語
著作者等 伊東 玉美
書名ヨミ ウジ シュウイ モノガタリ : ニホン ノ コテン
書名別名 日本の古典
シリーズ名 ビギナーズ・クラシックス A-4-2
宇治拾遺物語 A-4-2
角川ソフィア文庫 A-4-2
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2017.9
ページ数 223p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-400245-9
NCID BB24553297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22957517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想