藤原道長事典

大津透, 池田尚隆 編

『御堂関白記全註釈』(全16冊)の成果をふまえて、約1050項目を新たに書きおろし、11の大分類に整理。ユネスコ記憶遺産『御堂関白記』(陽明文庫蔵)を通して、最新の研究成果にもとづいた新たな平安朝の貴族社会像を提示。各ブロック冒頭には、専門の執筆者による詳細な解説を収録。小項目は御堂関白記にみられるおもな語や表現を、分野別に網羅。おもな出所や出典・参考史料等も記載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 道長の世界をさぐる
  • 政務・儀礼
  • 官司・官職
  • 道長をめぐる人びと
  • 邸宅・地名
  • 神事・神社
  • 仏事・寺院
  • 風俗・信仰
  • 学問・芸能
  • 衣食住
  • 病と医療
  • 御堂関白記の表現

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤原道長事典
著作者等 大津 透
池田 尚隆
書名ヨミ フジワラ ミチナガ ジテン : ミドウ カンパクキ カラ ミル キゾク シャカイ
書名別名 御堂関白記からみる貴族社会

Fujiwara michinaga jiten
出版元 思文閣
刊行年月 2017.9
ページ数 432,12p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1873-8
NCID BB24496535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22964275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想