ヘーゲルとハイチ

スーザン・バック=モース [著] ; 岩崎稔, 高橋明史 訳

世界史はいかに可能か?奴隷制と植民地支配が形成した世界資本主義市場を背景に、近代市民社会をめぐるヘーゲルの洞察と"ハイチ革命"の現実とを同時に思考すること-それは、主人と奴隷の弁証法のプロセスないし階級闘争史とみなされた世界史のヴィジョンを、従来問われずにいたまったく別の観点から批評することである。非西洋中心主義的で真に普遍的な人類史にむけた、ポストコロニアル的批判の刺激的成果!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲルとハイチ
著作者等 Buck-Morss, Susan
岩崎 稔
高橋 明史
Buck‐Morss Susan
バック=モース スーザン
書名ヨミ ヘーゲル ト ハイチ : フヘンシ ノ カノウセイ ニ ムケテ
書名別名 Hegel,Haiti,and Universal History

普遍史の可能性にむけて

Hegeru to haichi
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1064
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2017.9
ページ数 257,26p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01064-4
NCID BB24494074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22958308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想