発達障害の子どもの「できる」を増やす提案・交渉型アプローチ

武田鉄郎 編著

子どもの、本当はやりたい…けど「やりたくない」、分かってる…けど「できない!」を理解し、改善する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 提案・交渉型アプローチとは(発達障害の二次障害と合理的配慮
  • 子どもへのかかわり方
  • 提案・交渉型アプローチを成立させるためのポイント ほか)
  • 第2章 事例でわかる提案・交渉のプロセス(集団活動に参加することを拒否するA君
  • 学校で話せるようになった場面かん黙のBさん
  • 「分かっているけどできない」という葛藤を抱えるC君 ほか)
  • 第3章 提案・交渉を行う際のQ&A(提案・交渉のテーブルに着くことが困難な場合
  • 自己選択・自己決定したにもかかわらず投げ出してしまう場合
  • 教育活動に参加できない場合 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達障害の子どもの「できる」を増やす提案・交渉型アプローチ
著作者等 武田 鉄郎
書名ヨミ ハッタツ ショウガイ ノ コドモ ノ デキル オ フヤス テイアン コウショウガタ アプローチ : シカラナイ ケド ユズラナイ シエン
書名別名 叱らないけど譲らない支援
シリーズ名 学研のヒューマンケアブックス
出版元 学研プラス
刊行年月 2017.9
ページ数 167p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-05-800819-5
NCID BB24493639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22948232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想