定本〈男の恋〉の文学史

小谷野敦 著

『源氏物語』の柏木、『伊勢物語』の業平、近世の仮名草子といった古典文学から、北村透谷、二葉亭四迷、田山花袋、そして恋する男の極北・近松秋江まで-日本文学を紐解けば、数多の「男が女に恋をして苦しむ」作品が登場する。文学における恋愛と片思い事情を探り、恋する男たちの系譜を辿る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古典文学のなかの"男の恋"("男の恋"-頂点と変容
  • 冷たい女の運命-中世の女性蔑視
  • 色男の英雄視-徳川期の「色道」思想
  • 「聖なる性」の再検討)
  • 第2部 近代文学における「恋」の成立(坪内逍遙における「恋愛」
  • 「相愛」の呪縛-北村透谷
  • 明治二十年代「恋愛」論の種々相-布川孫市『相思恋愛之現象』その他)
  • 第3部 男の恋の復権(「男の片思い」の復活-二葉亭四迷
  • 「感傷」と「性」の転倒-『蒲団』が『平凡』に与えたもの
  • 「女物語」と「男物語」の系譜-尾崎紅葉その他
  • 執着、未練、狂乱-近松秋江
  • 女性嫌悪の文学-夏目漱石と三島由紀夫)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 定本〈男の恋〉の文学史
著作者等 小谷野 敦
書名ヨミ テイホン オトコ ノ コイ ノ ブンガクシ : マンヨウシュウ カラ タヤマ カタイ チカマツ シュウコウ マデ
書名別名 Love of the Man

Love of the Man : 『万葉集』から田山花袋、近松秋江まで
出版元 勉誠
刊行年月 2017.8
ページ数 321,8p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-585-29151-0
NCID BB24482508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22952815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想