世紀末絵画、ピカソ、シュルレアリスム : カラー版 近代絵画史  下

高階 秀爾【著】

二十世紀の美術は、思いがけない多面的展開によって私たちを驚かす。しかし、抽象絵画やシュルレアリスムの作品は、決して画家の気まぐれや偶然の産物ではない。それぞれの美術運動は、印象派で頂点を極めた写実主義を想像力で乗り越えようとするものであった。十九世紀前半から第二次世界大戦にいたる一五〇年間の西洋絵画を概観。下巻は、世紀末絵画から抽象絵画までを描く。増補にあたり、あとがきを新規に収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第13章 世紀末絵画
  • 第14章 ドイツ表現主義
  • 第15章 マティスとフォーヴィスム
  • 第16章 フォーヴの画家たち
  • 第17章 ピカソとキュビスム
  • 第18章 キュビスムの画家たち
  • 第19章 幻想の系譜
  • 第20章 エコール・ド・パリ
  • 第21章 機械文明への讃美と反撥
  • 第22章 シュルレアリスム
  • 第23章 バウハウスとその周辺
  • 第24章 抽象絵画への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世紀末絵画、ピカソ、シュルレアリスム : カラー版 近代絵画史
著作者等 高階 秀爾
書名ヨミ セイキマツカイガピカソシュルレアリスム : カラーバンキンダイカイガシ : ゲ
シリーズ名 中公新書
巻冊次
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.9.25
版表示 増補版
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-190386-0
NCID BB24465225
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想