生命(いのち)を支えるATPエネルギー

二井將光 著

体内でエネルギーを運搬し、私たちの生命を維持するのに欠かせないATP(アデノシン3リン酸)。ATPを取り巻く酵素やタンパク質に不具合が生じるとさまざまな難病、ガン、胃潰瘍、骨粗鬆症、認知症などの病気を引き起こすことが解明されてきました。ATP合成のしくみから医療への応用まで、最新の研究を交えながら解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前編 エネルギーを生命へ-光・糖・ATP(太陽の光から植物へ。エネルギーを糖へ
  • 植物から動物へ。糖を変換してATPエネルギー生産
  • 生物の細胞内で。すごい性能のATP合成酵素
  • 私たちの体内で。ATP合成と病気)
  • 後編 生命の中心にATP-メカニズムと医療への応用(筋肉から胃酸まで。ATPのはたらき
  • ATPで動くイオンポンプと病気
  • 生きるに必須なオルガネラと水素イオンポンプ
  • ATPが支える細胞内の輸送・運搬
  • 生物エネルギー研究から医療へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命(いのち)を支えるATPエネルギー
著作者等 二井 将光
二井 將光
書名ヨミ イノチ オ ササエル エーティーピー エネルギー : メカニズム カラ イリョウ エノ オウヨウ マデ
書名別名 生命を支えるATPエネルギー

メカニズムから医療への応用まで

Inochi o sasaeru etipi enerugi
シリーズ名 ブルーバックス B-2029
出版元 講談社
刊行年月 2017.9
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-502029-6
NCID BB24459073
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22960096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想