都道府県格差

橘木俊詔 監修 ; 造事務所 著

子どもの学力は東京より秋田のほうが高い、1人あたりの所得2位は愛知県、広島の大学進学率が高い理由、長野と青森の間にある寿命格差-県民所得、労働時間、婚姻率、平均寿命、病院率等、統計データをひもとけば、わが国の意外な真実、隠された課題が見えてくる。第一人者の監修のもと、日本の見えざる格差の実態を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 幸福の地域格差はどこから生まれるか
  • 1 ベスト幸福県・福井県の謎に迫る
  • 2 経済・労働-お金持ち県・働きやすい県はどこか
  • 3 女性-本当に女性が輝ける県はどこか
  • 4 子ども・教育-「子育てに適した県」と「教育熱心な県」は一致しない?
  • 5 健康-軽視できない健康と寿命の格差
  • 6 スポーツ・文化-文武両道を目指すのはどこか
  • 7 生活-物価や住環境の勝ち組・負け組
  • 8 社会・福祉-持続可能なシステムはどこにあるか
  • 9 政治-ふだんはみえづらい隠れた格差をえぐる
  • 終論 あなたにとって「幸福」とはなにか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都道府県格差
著作者等 橘木 俊詔
造事務所
書名ヨミ トドウ フケン カクサ
シリーズ名 日経プレミアシリーズ 354
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2017.9
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-532-26354-6
NCID BB24456869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22952934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想