大大阪の時代を歩く

橋爪紳也 編

かつて大阪には、「大大阪」と呼ばれた時代があった-。総人口203万人は東京を凌ぎ世界6位、「東洋一の商工都市」と謳われた工業都市化、御堂筋を始めとする「格」と「美」を備えた都市計画、世界最先端の文化を集めた情報発信地。世界に冠たるメトロポリス「大大阪」の歴史と痕跡をたどる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「大大阪」誕生物語(1868年〜1945年)(明治維新前後の大阪-堀の開削で発展した「水都」は日本一の経済都市だった
  • 川口居留地/江之子島府庁舎-かつて日本の首都を「大阪」にする計画があった
  • 造幣寮-世界最大の規模を誇る貨幣鋳造機関が近代化を告げる ほか)
  • 第2章 現代に残る「大大阪」の息吹(難波橋/天神橋/天満橋-今も美しき「浪華三大橋」は大大阪の時代に架け替えられた
  • 大軌ビルディング/阪急ビル-独自路線を走る関西の私鉄 巨大な駅に百貨店が続ぞく誕生
  • 大阪市営電気鉄道-市電、青バス、銀バス、円タクが市内で熾烈な競争をくり広げた ほか)
  • 第3章 「大大阪」を彩る芸能・文化の隆盛(第二文芸館-素人興行師が、商魂とアイデアで三流の寄席から急成長を果たす
  • 南地花月/通天閣-ミナミへの進出をキッカケに吉本が大阪の演芸界を制覇する
  • 道頓堀-活動写真やジャズ、カフェが続ぞく最新カルチャーが芝居通りを席巻 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大大阪の時代を歩く
著作者等 橋爪 紳也
書名ヨミ ダイオオサカ ノ ジダイ オ アルク
シリーズ名 歴史新書
出版元 洋泉社
刊行年月 2017.9
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8003-1277-8
NCID BB24454251
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22947562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想