人類学者の人間論ノート

江原昭善 著

[目次]

  • 第1章 自然人類学者の独り言-「人類学」が内包する自己矛盾とは
  • 第2章 ホモ・サピエンスの稜線の彼方で-新しい人類学的人間像
  • 第3章 自然人類学者、仏教思想に触れて
  • 第4章 「あの世」は「この世」のなかに在り-自然人類学者が考えたこと
  • 第5章 人間の深層を探る
  • 第6章 「悟り」や「啓示」は宗教領域だけの概念か-自然人類学から脱皮して
  • 第7章 哲学と自然人類学との狭間で
  • 第8章 自然人類学の「環境」概念を再吟味する
  • 第9章 ホモ・サピエンスの苦渋と提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類学者の人間論ノート
著作者等 江原 昭善
書名ヨミ ジンルイ ガクシャ ノ ニンゲンロン ノート
書名別名 Jinrui gakusha no ningenron noto
出版元 雄山閣
刊行年月 2017.8
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-639-02504-7
NCID BB24443255
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22945377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想